刺激を与えない

本当に美しい女性は、人には見えない部分の美容ケアを怠りません。
腋の下やおへそなど、日常のちょっとした瞬間に現れるパーツを隙なく美しくしておく事で完璧な美を作り上げているのです。
美容に対するそうした姿勢は全身をケアする上でも現れます。
例えばお尻はあまり人に見せる機会がないパーツですが、だからこそきちんとスキンケアしておきたい部分です。
大切な人にパンティラインの黒ずみを指摘されてしまう事だけは避けるようにしましょう。
お尻の黒ずみを作らないためには、下着を変える事が一番です。
締め付けのキツイものではなく、パンティラインが食い込まないものを選ぶようにしましょう。
既に黒ずみが発生している場合、化粧品でケアする事が大切です。

摩擦は「摩擦黒皮症」を生み出すほど、肌にとって天敵です。
黒ずみを予防したり消すために硬めのタオルで擦る方がおられますが、絶対にやめるようにしましょう。
摩擦による色素沈着を解消するためには、まず摩擦の原因をなくす事が重要です。
下着やズボン、身体を洗うタオルを見直してみましょう。
また、まだ黒ずみはできていないけれど、分厚い角質で肌がザラついている事に気付いた場合、乾燥を防止する事が大切です。
肌は刺激や乾燥から皮膚を守るために、それに応じた変化をします。
角質が厚くなっている場合、乾燥を防ごうとしている事が多いのです。
保湿効果のある化粧品を使用してみましょう。
またお尻にニキビができている場合は、通気性の良い下着を身につける事が肝心です。